年末開催のワークショップについて


先日、今年もご祈祷に伺ってきました。 きれいな秋晴れの空の下、すっきりと心身整ったところ、です。


さて、秋がゆっくり深まっているのと同時に

徐々に一年の終わりと新たな一年が見えてきました。


そうですよね。「今」です。


そんな「今」の流れを感じながら、

2022年を良い形で終えるために、今年は二つのWSをご用意します。



***



ひとつは、「望楼の時(ぼうろうのとき)」。


一年を一足早く締めくくり、自ら送り出すワークショップです。 もう何年とやらせていただいていて、すっかり恒例になりました。

こちらは色々とお声をかけていただいたので、あちこちで陰日向と開催させていただきます。

受付開始したものは、どちらも満席とのこと。 光栄(というか、主催者さんがすごいというか)です。


それぞれの主催者さんの希望とお力を盛り込んだ「望楼の時+α」と、

オーダーメイドの内容となっており、色々と違うので、

それぞれの良さをお楽しみいただけたら、と思っています。

あと一か所、

長野の友人たちが主催の「望楼の時 in 長野(オンライン)」は、まだ募集開始したばかりです。

もし私主催の「望楼の時」の日程が合わない場合はご検討ください。 (こちらもまた主催者さんたちのお気持ちにあわせて、一味違う、素敵なお時間になると思います。)


⇒ 2022.11.17追記 今年の「WS望楼の時」の募集はすべて終了しました



そうそう。 今年も精麻をお譲りいただけたので、そちらをお持ちします。

本当にご縁がいろいろとありがたいことです。




もうひとつは、【ゼロの季節】


ここで、一新したい方も多いかなと思いまして、ご用意します。



前回は6月~7月と開催させていただいたのですが、

おかげ様で、60名様の国内・国外の皆様とご一緒することができました。

こちらの内容も、この世界の仕組みにのっとって構成してあります。


私は、仕組みのシェアだけでなく、 それができるための場のエネルギーを起こし、流れを生み、それを支えますが、

所詮、脇役でありサポートであり、主役は皆さんです。


ですので、もし参加なさったら、 とにかくぜひやってみてもらえたら、なにかは起きるのではないかな、とは思っています。



***



私のワークショップは、内容もさまざまですし、

体感ベースがほとんどなので、ご説明するのもなかなか難しいのですが 直感で選択いただいて、ご自分で直接体感していただけたら、と思います。

大きな一つのことに根づいて作ってありますので、

きちんと機能すれば有用に働くだろうとは思っていますが


何よりも、楽しんでいただけたら幸いです。


最新記事

すべて表示
Decorative%2520Shape_edited_edited.png