top of page

2023年 あなたへの新年のメッセージ追加受付について



昨日は、伊勢神宮をご案内するお仕事をだったんですが、

(毎年お声かけてくれたり、ご案内を受けてくださったりと本当にありがとうございました) 日中、あたたかくて、とても過ごしやすかったんですよね。


でも今日は、風も大気もすっかり冬の匂い。 暦も師走ですし、冬らしい風。これはこれで、ホッとしました。笑




先日、2023年向けの新年のメッセージの受付窓口を開けさせて頂きました。

今年は、最初からかなり枠数をご用意したのですが、

開始15分ほどですべて埋まったとのこと、本当にありがとうございました。

心を込めてお引き受けいたします。

そんな中、お申込み時にあたたかいメッセージまでくださった方達もいて。 重ねて、ありがとうございました。涙。 今年はこれで、と思っていたのですが、

ご希望のお問い合わせが多かったので、なんとかならないかと、もう少し模索してみました。

(そんなこちらのことも、気遣って下さってありがとうございます)

そして、もう一度だけですが、受付をさせていただこうと思います。

できるだけ枠数を増やしました。 でもやはり、例年のことながら、手作業のため、限界がありますことをお許しください。

お申込みをご希望の方が、 なるべく、残念なお気持ちになることがありませんように、と思います。


ですので今年も、

追加募集の場合に限り、日時を事前にご案内させていただきます。 2022年12月3日 19時~ になります。


もし、アクセス集中状態となっても、終了アナウンスが表示されていなければ

タイミングが合えば、入力フォームが開くようです。 最後のボタンを押した後、

もし自動返信メールが届いていれば、確実に仮予約が成立している状態ですので ご安心ください。

ちなみに、


よくいただくご質問の中に、 「年明けに、対話で聞くことはできますか?」というお声をいただきます。 可能ですが、性質というかニュアンスは全く別物になります。 新年のメッセージは、年が明けると同時に、

その年の神様が私たちの元へ祝福(言葉)をもってやってきてくださるんですが、

それを、僭越ながら私が代わりにお聞きして言葉を書きとめておく、

という風に思っていただけたら、イメージとして近いと思います。


対話は、その場で見抜いていくので、その瞬間の言葉がくる、という感じです。 あと、「家族もいいですか?」というご質問もよくいただくのですが、もちろんOKです。 ご本人様の許可があれば、大丈夫です。 (もし例えば、ご本人が望んでいないのに勝手に申込みしちゃいました、などという場合だと、うまくいかないことがあったりしますので、どうかお気をつけて。)




次の受付で最終となります。 ご縁がありますように。


でも、ご縁の有無などに関係なく、 心からを込めて、お幸せをいつもいつも願っています。



Comments


Decorative%2520Shape_edited_edited.png
bottom of page